トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

第10回結果

←第9回結果 ↑結果目次 第11回結果→

 概要

2014年3月7日(金)〜9日(日)

参加者数 136名(スタッフ含まず)

 表彰

(代表者名・敬称略)

ロケットコンテスト大賞

  • 新居浜工業高等専門学校 Green Earth Japan(吉川敦盛)

種目1:ロケット部門(滞空・定点回収)

  • 優勝:九州大学 PLANET-Q teamI(入部弘太郎)
  • 準優勝:九州大学 PLANET-Q teamT(中田智絵)

雨で競技が途中中止になったため、プレゼンテーションの評価で順位を決定した。

種目2:ロケット部門(ペイロード有翼滞空)

  • 該当なし

種目3:ロケット部門(高度)

  • 優勝:東京農工大学 航空研究会 Hexa-2,4-Diene(ヘキサ-2,4-ジエン)(藤波洋平)
  • 準優勝:福岡大学 F-mel D(水城勝也)

雨で競技が中止になったため、プレゼンテーションの評価で順位を決定した。

種目4:ペイロード部門(CanSat comebackコンペ)

  • 優勝:新居浜工業高等専門学校 空缶上等(若林誠)
  • 準優勝:新居浜工業高等専門学校 Green Earth Japan(吉川敦盛)

種目5:オープン競技(フライバックタイムアタック)

  • 優勝:九州大学 PLANET-Q INY(中田智絵)
  • 準優勝:該当なし

プレゼンテーション部門

  • 優勝:東京農工大学 航空研究会 Orbital(藤波洋平)
  • 優勝:東京電機大学 宇宙プロジェクト(安田誠次郎)

同点で両チーム優勝

特別賞

賞名 協賛企業等(50音順)
奨励賞[1] 種子島宇宙センター所長 東京農工大学 航空研究会 Orbital(藤波洋平)
会場賞[2] (株)IHIエアロスペース 芝浦工業大学 Hoper's(寺島眞人)
チーム賞[3] 宇宙技術開発(株) 東京農工大学
ベストデザイン賞[4] 川崎重工業(株) 鹿児島大学 Moco-Sat(モコサット)(前田真徳)
ベストプレゼン賞[5] (株)コスモテック 芝浦工業大学 芝浦衛星チーム ローバー班(山本侃門)
敢闘賞[6] 日本宇宙フォーラム 芝浦工業大学 芝浦衛星チーム フライバック班(宮野裕之)
ユーモア賞[7] 種子島観光協会 鹿児島工業高等専門学校 鹿児島高専C(荻田武蔵)
安全賞[8] 日本エア・リキード(株) 九州大学 PLANET-Q TeamWY(若山頌平)
プロダクト賞[9] 三菱重工業(株) 福岡大学 F-mel B(田中瑛一郎)
ユニーク賞[10] 中菱エンジニアリング(株) 東京農工大学 航空研究会 八百屋(宮崎未知果)
アカデミック賞[11] 日本航空宇宙学会西部支部 日本文理大学 NBU CANSAT PROJECT チームA(馬場祐作)
  • [1]大きな飛躍を遂げる潜在的可能性があるシステムデザインに対して与える
  • [2]技術説明会の際の参加学生による投票が最も多かったチームに対して与える
  • [3]すぐれたチームワークを発揮したチームに対して与える
  • [4]技術的な観点からみてもっとも洗練されたデザインに対して与える
  • [5]技術説明会で、もっとも分かり易く且つ印象に残ったプレゼンテーションを行ったチームに対して与える
  • [6]傑出したチャレンジスピリットを有していたチームに対して与える
  • [7]競技中にもっとも観客を沸かせたチームに与える
  • [8]安全面できめ細かい配慮をしていたチームに対して与える
  • [9]製作面での緻密さがうかがえる機体に対して与える
  • [10]ロケットコンテストを通じ、奇抜な発想でユニークさをアピールしたチームに与える
  • [11]工学的見地に基づき完成度が高いチームに与える

最終更新時間:2014年03月13日 13時54分57秒