トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ライセンス

モデルロケットライセンス取得方法


まず、モデルロケットのエンジンは火薬を用いたものであり、A, B, C, ・・・ H というようなランクが存在します(エンジンの推力は、A < B < C < ・・・ < H となっています)。そして、このモデルロケットエンジンを購入ならびに打ち上げるためには、日本モデルロケット協会が発行するライセンスの取得が必要です。
代表的なライセンスは、4級、3級ライセンスがあり、使用可能なロケットエンジンの種類が違います。
まず4級ライセンスでは、A〜C型と呼ばれるエンジンの購入ならびに使用が可能です。そして、3級ライセンスでは、A〜G型までのエンジンの購入ならびに使用が可能となります。
ライセンスの取得については、日本モデルロケット協会への資料請求が必要となります。
詳しくは、以下のサイト内の、「ライセンス発行」のページを参照ください。

日本モデルロケット協会

 エンジン購入方法


A〜C型エンジンは、モデルロケットライセンスを取得していれば購入は比較的簡単です。モデルロケットエンジン取扱店に電話もしくはFAXにて希望するエンジンの種類、個数を伝えます。(その際にモデルロケットライセンスライセンス番号が必要となります。)
一方、D型エンジン以上を購入する場合は、3級ライセンスの番号と、県知事に対して申請した内容に対して打ち上げ許可が出たことを証明する書類の提出が必要です。

 打ち上げ許可申請


D型以上のエンジンを使用する場合には、打ち上げ場所を管轄している県知事に対して事前に火薬消費許可ならびに土地借用願いを提出し、許可を得なくてはなりません。(許可申請にかかる時間は県によって違いますが大体数週間から1ヶ月ほどかかります。)この作業を怠っての打ち上げは危険なので禁止されています。

最終更新時間:2008年08月06日 17時40分17秒